美容室のカラー剤と市販のカラー剤の違い

基本的には成分などは一緒です。但し市販のカラー剤は誰もが染められるとゆう前提で作られていますので、サロンのカラー剤に比べパワーを強く設定してます。その分手触りや色持ちがイマイチになってしまいます。
最近流行の泡&ジェルカラーは髪の毛に浸透しやすく手軽に出来るのが売りですがクリームタイプに比べダメージが絶好調になってます(笑)もし市販品を使うのであればクリームタイプの物をお勧めします。(中にトリートメント配合の物が多いのでマイルドに仕上がります。)
サロンのカラー剤は、強いモノから弱いモノまで揃えてますので、根元と毛先を塗りわける事が可能なのでダメージが少なくて済みます。市販では出せない色味もありますし、ムラにもなりません(あたりまえ!)
街で日中歩いてる人を美容師が見ると市販で染めたのかサロンで染めたのかがすぐ分かります。(スイマセン。)

←素朴な質問に戻る